Top製品紹介会社概要お問合わせ
 我が社は、1911年、大竹兄弟商会として、大竹式進歩土臼(籾摺機/籾から玄米にする機械)を製造、販売する事で創業しました。 その後、脱穀機専門メーカーとして事業展開をはかり、農業機械の分野で独創的でユニークな製品開発を続けてまいりました。 現在では水田中耕除草機などの開発、製造、販売をしています。 さらにインペラ脱皮機の米以外の新分野での開発も進めています。

 日本の食文化を支える「米」とともに歩み続けた弊社の技術力の高さは、海外においても高い評価をいただいています。 平成16年度に愛知県より愛知ブランド企業の認定をいただき、平成23年には継続認定されています。 さらには100周年を機に、農家の皆様が大切に祖だれた「お米」を、 玄米としてよりも、より美味しく食べやすくする玄米餅練機「玄康」を開発し、製造販売をしました。

 一方、機械部門では、農業機械で培った技術力とノウハウを活かし、搬送機器や包装機械など多様な分野での製品開発や顧客開拓を行っています。 名古屋駅近辺での駐車場経営を含む3部門(農業部門、機器部門、駐車場部門)の総合力を活かし、これからも、より明るい未来に貢献し、 ユーザーに、地域に、そして社会に「お役に立つ」会社を目指します。


代表取締役社長 大竹敬一




【社名】
 株式会社 大竹製作所

【所在地】
 愛知県海部郡大治町大字中島字郷中265

【創業】
 1911年 ( 明治44年 )

【代表者】
 代表取締役会長 大竹和美
 代表取締役社長 大竹敬一

【資本金】
  4,900万円

【従業員数】
  92名

【事業所】
 本社工場、山形営業所、福岡営業所
 オータケパーキング(名古屋駅西)

【事業内容】
 農業機械の開発・設計・製造・販売、
 物流システム機器、包装機の設計・製造、
 駐車場経営